アスコルビン酸(ビタミンC)|ロスミンローヤルの成分

アスコルビン酸(ビタミンC)とは
ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。肌にハリを持たせたり、シミを予防する美容効果や、免疫力を高めて風邪をひきにくくする効果、ストレスに対する抵抗力を高める効果など、様々な働きをもちます。

アスコルビン酸

 

作用と特徴

皮膚や筋肉、骨、血管など全身の組織を作っているコラーゲンの生成にかかせません。また、抗酸化物質として全身を酸化ストレスから守ります。鉄の吸収を助け造血作用を高める働きもしています。
発熱したり炎症が起こっている時、ストレスがかかっている時には消費されやすくなります。ビタミンCの推奨量は1日100㎎(厚生労働省「日本人の食事摂取基準2010版」)とされていますが、疾患のある時や疲労時には、さらに十分に摂りたい栄養素です。
ビタミンCは、しみ、そばかす、日焼け、かぶれなどによる色素沈着の緩和や歯ぐき、鼻粘膜からの出血予防などに用いられる他、総合ビタミン剤などにも含まれています。

注意事項
体内で消費されずに余った場合、尿中に排泄されてしまうので、毎日こまめに補給するのがよい。

ビタミンC

 

ビタミンCの健康効果
・老化や病気から体を守る効果
・美白・美肌効果
・免疫力を高める効果
・ストレスをやわらげる効果
・白内障の予防・改善効果
・貧血を予防する効果

ビタミンCの働き
ビタミンCは抗酸化力が非常に強く、老化の原因である活性酸素から細胞や組織を守ります。このため、悪玉 (LDL)コレステロールがサビつくことによってできる過酸化脂質の生成を抑えることができます。
またビタミンCは、体を構成する重要なたんぱく質のひとつであるコラーゲンを合成する時に必要な酵素の働きを助ける補酵素として働きます。コラーゲンは体をつくるたんぱく質のうちの3分の1を占め、細胞と細胞をつなぐ接着剤のような働きをしています。この働きにより、細胞同士の結合を強くし、血管や筋肉、皮膚、骨などを丈夫に保つ働きがあります。

≫≫
成分一覧のページに戻る