シアノコバラミン(ビタミンB12)|ロスミンローヤルの成分

シアノコバラミンとは
別名:ビタミンB12は水溶性のビタミンB群の一種で、ミネラルの一種のコバルトを含むため、コバラミンとも呼ばれます。その結晶の色が深紅であることから赤いビタミンとも呼ばれることがあります。

シアノコバラミン

 

悪性貧血の予防や神経の働きに不可欠な栄養素で、DNAやたんぱく質の合成の調節や補酵素として様々な代謝に関わっています。動物性食品に含まれ、体内では肝臓に貯蔵されています。糖質やアミノ酸、脂肪酸の代謝にかかわっていて、造血作用も持っていて血液のビタミンとして知られています。ビタミンB12(シアノコバラミン)はビタミンB9(葉酸)とともに赤血球を生成することが知られています。そのためビタミンB12(シアノコバラミン)が欠乏すると、異常な赤血球ができる巨赤芽球性の悪性貧血が起こることが知られています。ビタミンB12(シアノコバラミン)は体内に蓄えることが可能なビタミンのため、通常の食生活の中で不足が起こることはあまりありません。

しかし、ビタミンB12(シアノコバラミン)の殆どが動物性食品に含まれるために、極端な菜食主義者には欠乏が起こるリスクが高いとされ、手術などで胃を除去することで、ビタミンB12(シアノコバラミン)の吸収に必要な胃液の分泌が減ることによる欠乏も知られています。ビタミンB12(シアノコバラミン)は、必要以上に吸収されることがなく、水溶性ビタミンであることから余分なビタミンB12(シアノコバラミン)は速やかに排泄されることから摂り過ぎによる障害は起こらないといわれています。

ビタミンB12の働き
ビタミンB12は細胞が分裂する時に不可欠な補酵素で、血液中の赤血球と結合し、酸素を運ぶ役割をしているヘモグロビンの合成を助ける効果があります。赤血球は約4ヵ月で寿命が尽きるため、骨髄では常に新しい赤血球がつくられています。ビタミンB12は葉酸と協力し、赤血球をつくる働きを助けています。

また、ビタミンB12には細胞の遺伝情報が詰まった核酸 (DNA・RNA)や、アミノ酸、たんぱく質の合成を助ける働きがあります。脳から指令を伝える神経が正常に機能するためには、いくつものビタミンB群が関わっています。筋肉や神経を動かすエネルギーをつくるのがビタミンB1、神経伝達物質の生成に働くのがビタミンB6となっています。

ビタミンB12には脂質の合成や修復をする働きがあり、神経細胞内の表面にある脂質膜の合成にも関わっています。ビタミンB12は脂肪成分と馴染みやすい構造を持っているので、脳に簡単に入り込むことができます。そして汚れが詰まっている部分は洗い流し、切れている部分はつなぎ合わせることで、健康的なもとの姿に復元させる働きがあります。
シアノコバラミンは眼精疲労の治療薬として各市販薬に配合されているほか、医療用として参天製薬より「サンコバ点眼液0.02%」として販売されています。

ビタミンB12の健康効果
・貧血を予防する効果
・神経機能を正常に保つ効果
・睡眠を促す効果

≫≫
成分一覧のページに戻る