チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)|ロスミンローヤルの成分

チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)とは
砂糖やでんぷんなどの糖質をエネルギーに変換するのに不可欠なビタミンで、別名チアミンとも呼ばれます。ビタミンB1は神経組織の働きを維持していくために、欠くことのできない物質で、末梢神経や中枢神経が障害されたとき、その修復に役立ちます。

チアミン塩化物塩酸塩

 

ビタミンB1は、人間の体内ではつくられない水溶性の栄養素で、砂糖やでんぷんなどの炭水化物の糖質を分解する酵素を助け、エネルギーに変えていくほか、乳酸の燃焼にも関与するため「疲労回復ビタミン」と呼ばれている。また最近では、脳内の神経伝達物質を正常に保つ働きがあることから、アルツハイマー病への効果も報告されている。ビタミンB1が不足すると、糖質の分解がうまくできずに、乳酸などの疲労物質がたまり、疲労や倦怠感を頻繁に感じたり、精神的に不安定でイライラし、記憶力も低下する。

効果
疲労回復を目的として解熱鎮痛薬、婦人薬に、また、眠気による倦怠感を和らげる補助成分として眠気防止薬に配合される。あるいは、神経痛、筋肉痛、関節痛、手足のしびれ、便秘、眼精疲労、脚気の症状の緩和、また、肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時におけるビタミンB1補給を目的として、滋養強壮保健薬に配合されている。塩酸チアミンと同じ。

副作用
とくに大きな副作用はありません。余分に用いても効果が増すわけでなく余分なものは尿などに出てしまいます。

≫≫
成分一覧のページに戻る