ドモホルンリンクルとロスミンローヤル|シワに効果があるのはどちら?

ドモホルンリンクルはアンチ派が大勢いますが、この記事はそういう趣旨ではありません。
ただ、高価な化粧品であることは間違いないので、購入前に実際の効果について知ってください。

ドモホルンリンクルとロスミンローヤルはどちらがいいのか

 

 

どちらが効果的でしょうか?

シワについての効果を考えた場合、ドモホルンリンクルとロスミンローヤルはどちらが効果的なのかを客観的に比較します。

ドモホルンリンクル

ドモホルンリンクルの8点セット(35,640円)1か月分

比較対象として、
ドモホルンリンクルは顔に塗る化粧品、
一方、ロスミンローヤルは服用する医薬品です。

使用箇所がまったく違うのに、どちらもシワに対する効果を売りにしています。

※ロスミンローヤルについて
シワに効くことが臨床試験で証明されている唯一の医薬品です。第3類医薬品に指定されています。生薬と有効成分が血行を改善し、新陳代謝を促すことで、シミ・シワが改善します。医薬品ですが、妊娠授乳期の栄養補給に使えるという安全性の高さも備えています。製薬大手のアインファーマシーズがインターネット上でだけ販売している知る人ぞ知る医薬品です。
初回1ヶ月3,980円、以降は1ヶ月5,980円で続けることができます。



 

※ドモホルンリンクルについて
TVのCMで有名な年齢化粧品の元祖。40年前に誕生しています。当初からシワ・シミを改善できる化粧品を目指してており、現在も研究されています。40年も経った現在、やっと公式の臨床試験をクリアし、シワ・シミを目立たなくすることがわかった状態です(※)。
3日分のお試しセットは無料、1ヶ月実感セットは19,440円(4点)、35,640円(8点)です。多くのレビューで使用感は良好だが価格が高い過ぎるといわれています。ラインの中で美活肌エキスだけが医薬部外品に指定されています。これはシミ・ソバカスを抑える効能があります。

公式HPを見れば効果の違いが明らかです。

ドモホルンリンクルの公式HPには次のような質問と回答が掲載されています。

質問
シミ、シワは本当に消えますか?

回答
シミやシワができる根底には、お肌が本来持っている「自己回復力」の低下があります。
これには加齢が大きく影響しています。
加齢は人間にとって自然な成り行きですから、一旦できてしまったシミやシワを消すということは難しいことです。
ドモホルンリンクルは、お肌本来の力を高めるお手当てです。
お手当てを続けていらっしゃるお客様からは、「周りより若く見られます」、「目じりのシワが目立たなくなって、肌につやが出てきました」、「だんだんシミが薄くなってきました」などの、お喜びのお声を多くいただいております。

要するに、
シミ、シワが消えるかどうかは自己回復力にあるが、ドモホルンリンクルで回復するかどうかはわからない、
ということなのです。使用した方の何人かが改善したと思っているというレベルです。

ロスミンは医薬品

ドモホルンリンクルは医薬品ではありませんから、効果・効能を表示することはできません。

一方、ロスミンローヤルは医薬品です。
効果・効能を表示できます。効果効能を表示するために、薬事法に基づき何度も人で試験をして結果を残しているのです。シミとシワに対して効きますと言い切ることができるのはこの医薬品だけです。

ロスミンローヤルの公式HPには次のように記載されています。

質問
どのくらい飲めば効果が出ますか?

回答
個人差はありますが、肌のターンオーバーが約28日と言われていることから、約1ヵ月あたりが、薬効を感じはじめる目安です。

要するに、
1ヶ月過ぎるあたりから、シミやシワに対する効果を感じることができる
と言い切っています。

 

シワ、シミを改善したいのであれば、

ロスミンローヤルの抗シワ効果効果・効能を言い切れないドモホルンリンクルを長期間使い続けるのは得策でしょうか?効かない場合は個人差がありますという一言で済まされそうです。

ロスミンローヤルを取り入れ、化粧品はシワに特化したものを取り入れる方が、効果を実感できる上に、費用対効果も期待できるではないでしょうか。ロスミンローヤルは体の中からシワを改善できる医薬品です。シワについて悩んでいるのであれば、一度試してみる価値はあります。
詳細はこちらをクリック≫≫アインファーマシーズ <ロスミンローヤル>

 

※2013年7月にドモホルンリンクルの基本4点(保湿液、美活肌エキス、クリーム20、保護乳液)のそれぞれが、日本香粧品学会のガイドラインに沿った臨床試験をクリアし、「乾燥による小ジワを目立たなくする」ことのできる化粧品であると認められています。ここで注意点は、目立たなくするという点です。根本的に改善するわけではないのです。また、8点のラインの中で美容液にあたる1種類だけが医薬部外品です。

購入レビューはこちら
≫≫ロスミンローヤルを購入してみました。