ニンジン末|ロスミンローヤルの成分

ニンジン末について
ウコギ科チョウセンニンジンの根を乾燥したものです。常食している西洋ニンジンではありません。生薬成分です。朝鮮人参、高麗人参と呼ばれています。

ニンジン

 

細根や皮を除いて乾燥した根を「白参」、蒸して乾燥した根を「紅参」といい、調製法によって大別されています。生薬としては、ウコギ科チョウセンニンジンの根を乾燥したものを用います。古くからもっとも珍重された補薬です。その根が人の形に似ているから名付けられたといわれています。
サポニン類等の成分が消化運動亢進、鎮痛、鎮静(イライラを抑える)、肝臓の保護、アルコール代謝促進作用を示します。また、強壮作用や抗ストレス作用も期待できます。

この生薬の特性
体を温め、新陳代謝を促すことで胃の衰弱を改善する作用をもちます。
人参は強壮、強心、強精、健胃、補精、抗疲労薬として広く賞用され、胃の衰弱による新陳代謝機能の低下に振興薬として用い、衰弱者の胃部停滞感、消化不良、嘔吐、胸痛、弛緩性下痢、食欲不振などに応用する。

効能
健胃整腸、鎮痛、去痰(きょたん)、駆風(くふう)などに効果があります。

薬理効果
中枢神経系のバランス調整、学習記憶能力の改善、血糖代謝の調整、たんぱく質合成の促進、免疫能の増強、抗腫蕩作用、老化防止作用、疲労回復作用、 肝機能の保護作用、動脈硬化の防止、血小板凝集の抑制、骨髄造血の促進作用 など。

成分
主成分としてはダンマラン系トリテルペンのジンセノサイド類をはじめ、数多くのサポニン群を含有。新鮮な根や白参には、水溶性の高いジンセノサイドRb1、Rc、ステロイド類のカンペステロール、シトステロールなどが含まれています。また紅参には、ジンセノサイド Rh1、Rh2、Rg3 などの部分的に加水分解された配糖体のほか、アセチレン化合物のパナキシトリオールが特異成分として検出されています。

サポニン配糖体のパナキロン、精油のパナサン、パナキシノール、ビタミンB、脂肪酸、ミネラルなど。

 

≫≫
成分一覧のページに戻る