ハンゲ末|ロスミンローヤルの成分

ハンゲ末とは
サトイモ科カラスビシャクの球茎の外皮を除いて乾燥したものです。半夏と書きます。生薬です。

ハンゲ

 

胃部ポチャポチャ音, 吐き気, のぼせ(ポチャポチャ音について:漢方では「胃内停水(いないていすい)」と言って、胃に余分な水分が溜まっていることで、胃の機能が低下しているという状態を示している。)といった症状に使われる。
植物の特徴多年生の雑草で、4~5月頃に長さ10~20cmほどの3枚の小葉からなる葉を1~3枚出します。花はサトイモ科特有の変わった形で5~7月に開花します。種はわずかで、1つの花に平均で20粒前後なります。生薬としては、サトイモ科カラスビシャクの球茎の外皮を除いて乾燥したものを用います。生育地中国、朝鮮半島および日本に分布しています。日本では北海道から沖縄まで畑地などに生えます。

この生薬の特性
体を温め、停滞しているものを動かし、発散させる作用をもちます。

効能
去痰(きょたん)、鎮吐(ちんと)、鎮静などに効果があります。
半夏(ハンゲ)は、鎮吐作用、去痰作用、平喘作用があり、鎮嘔、鎮吐、鎮静、去痰剤として、悪心、嘔吐、咳そ、心悸、目眩、頭痛、急性胃カタル、咽喉腫痛、不眠症などに良いとされる。一般に生姜と共に用いる。(持続する嘔吐や妊婦のつわり、喉の痛みなどに効用があるとされている)

薬理作用
制吐 (煎液) 。唾液分泌 (煎液;初期に増加、後期に減少) 。鎮咳 (煎液) 。胃潰瘍抑制 (水エキス) 。抗炎症 (水エキス) 。

成分
主な成分としてはアミノ酸類、澱粉、アルカロイドのコリン、脂肪酸類、シトステロールの配糖体、エフェドリンなどが含まれています。また特有のえぐ味成分として3,4-ジハイドロオキシベンズアルデヒドの配糖体、口唇粘膜に感じる刺激の原因成分としてシュウ酸カルシウムの針晶も含まれています。
≫≫
成分一覧のページに戻る