パントテン酸カルシウム|ロスミンローヤルの成分

パントテン酸カルシウムとは
パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれ、体内でCoA(補酵素A)の構成成分として、脂質、糖質、タンパク質の代謝にかかせない重要な成分です。

パントテン酸カルシウム

 

作用と特徴
他のビタミンと協力し、副腎皮質ホルモンの合成や、皮膚の健康維持を助ける栄養素としても知られています。糖質・脂質・タンパク質の代謝に関与したり、抗ストレス作用、髪を健康に保つ作用、そのほか皮膚を正常に維持する働きがあります。カルシウムが含まれてはいますが、含有量としては僅かでありカルシウムの栄養素としての効果は期待できないと考えていいでしょう。

さまざまな食品に含まれている成分で摂りやすいのですが、欠乏症としては疲労、不眠、めまい、手足のしびれなど神経系の障害が起こることが知られています。パントテン酸は、肉類、小麦胚芽、腎臓、肝臓、ナッツ類、ビール酵母などに含まれています。

ビタミンB5

 

生理的な作用として、細胞の形成・成長、中枢神経系統の発達を助ける働き、副腎を正常に機能させる働きなどがあり、性ホルモンの生成にも関与している。不足すると、栄養障害、低血糖症、血液や皮膚の障害などが生じることがある。パントテン酸は腸内細菌によって体内でも作られる。このパントテン酸のカルシウム塩が、パントテン酸カルシウムであり、水溶性ビタミンとして使われる。また、有機酸のカルシウム塩としてのカルシウム強化用に使われることがある。パントテン酸カルシウムは、化学的な合成法で作られている。調整粉乳をはじめとする強化食品に使われている。

一般用医薬品では、皮膚の新陳代謝を促し、しみ、そばかす、日焼けなどの改善を目的とした保健剤、ビタミン補給を目的とした栄養剤などに配合されています。

近年、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性疾患に対するパントテン酸カルシウムの効果が期待されています。これはパントテン酸が副腎に作用して副腎皮質ホルモンの分泌を促す働きに関与していることから、パントテン酸の積極的な摂取によって、自分の体内でこのホルモンの生成を促進し、炎症作用を抑えようという考え方に基づくものです。

≫≫
成分一覧のページに戻る