ビタミンE散|ロスミンローヤルの成分

ビタミンE散とは

別名を酢酸トコフェロール(酢酸d-α-トコフェロール/酢酸dl-α-トコフェロール)といいます。
酢酸トコフェロールとは、α―トコフェロールを酢酸エステル化して得られる合成ビタミンEであり、多くの化粧品に配合されています。

ビタミンE散

 

血行を促進して肌あれや日焼けによるシミ・ソバカス、肌の老化を防ぐというビタミンE効果を発揮します。末梢血管の血流をよくし、手足のしびれやめまい・頭痛などの症状を改善し、脂質の代謝をよくする成分です。酢酸トコフェロールは、脂溶性ビタミンとして皮膚の脂質で吸収されやすい形になっています。医薬品としても、抗酸化作用、ホルモンバランス失調の是正作用を持つ。酢酸トコフェロールは過剰に使うと、食欲不振などの副作用がでるため、表示指定成分になっている。

効果
抗酸化作用、血行改善作用があり全身の血液の流れをよくし、全身に酸素や栄養素を運びます。
肌への活性作用、抹消血管拡張作用、血行促進作用があるため、肌あれ、日焼けによるしみ・そばかす、にきび、ふけ、脱毛を防止する目的で化粧品に配合されています。また、しもやけ、ひび、あかぎれなどの治療用外用剤にも配合されています

医薬品として
酢酸トコフェロールは、ホルモンバランスを失調した場合の是正作用としてや抗酸化作用に使用されています。
人体に関する安全性も確認されていますから、目薬などにも酢酸トコフェロールは使用されているのです。
この酢酸トコフェロールは酢酸エステルと同じで、ビタミンEの誘導体になります。
酢酸トコフェロールの成分は、末梢血管の血流促進、手足のしびれ及びめまいの改善や頭痛改善、脂質の代謝促進効果などがあります。

≫≫
成分一覧のページへ戻る