ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)|ロスミンローヤルの成分

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)とは

ビタミンB6

 

主な作用
ビタミンB6は新陳代謝を円滑にするために欠くことのできないものです。ビタミンB6が欠乏していたり、その利用がうまくいかない人で、口角炎、湿疹、末梢神経炎などが生じている場合にその補給のため用いられます。また、妊娠時などのように必要量が増している状態にも用いられます。

ビタミンB6はタンパク質代謝の主役のビタミンで脂質の代謝にも欠かせません。
ビタミンB6は筋肉に貯蔵されているグリコーゲンからのエネルギー生産にも関わっており、運動時のエネルギー供給に大切な役割を担っています。
ビタミンB6は、皮膚炎などにも効果的で免疫機能を正常に維持し抗アレルギー作用があるといわれています。そして神経伝達物質の合成に関わりインスリンの合成に働き抗体や赤血球作りにも不可欠で腸内細菌によって体内で合成されます。

ピリドキシンは、ビタミンB6と呼ばれる水溶性のビタミンである。ビタミンB6は、緑色野菜、ビール酵母、卵黄、肝臓や腎臓などに多く含まれており、酸性では安定で、中性やアルカリ性では光により分解される性質がある。熱に比較的安定なために、調理による損失は多くない特性を持つ。

生理作用としては、たん白質の代謝や皮膚の抵抗力に関連があり、ニキビの予防効果もあり、不足すると、貧血や皮膚炎、成長停止、などの原因にもなる。食品添加物としては、化学的な合成で作られたピリドキシンの安定性を増す目的で、塩酸塩にしたものが使われている。強化の目的で、調製粉乳や小麦粉などに加えられる他、健康志向の菓子類や飲料をはじめとする食品類に使われている。

副作用
大量や長期の投与ではまれに、手足のしびれが出ることがあります。新生児や乳幼児の場合、下痢や嘔吐、まれに筋肉の障害として横紋筋融解症を起こすことがあります。

 

≫≫
成分一覧のページへ戻る