リボフラビン(ビタミンB2)|ロスミンローヤルの成分

リボフラビンとは
別名:ビタミンB2。炭水化物、脂質、アミノ酸などほとんどの栄養素の体内での代謝に補酵素としてかかわる重要な栄養素です。

リボフラビン

 

ビタミンB2は、特に脂肪の代謝に関わりが深いので、摂取量が多い人ほどビタミンB2が多く必要となる。 また、皮膚や粘膜を保護し、皮膚・爪・髪の発育や体の抵抗力を強め、細胞の再生や成長を促進させるため「美容のビタミン」とも呼ばれる。ビタミンB2が不足すると、脂質代謝が滞るため不要な脂肪を溜め込み、肝臓に負担を与え、またストレスが溜まる原因となる。 ビタミンB2は水溶性ビタミンなので、水に溶けて体内に吸収される。過剰分は尿中に排泄されるので、過剰症の心配はない。ビタミンB2が排泄された尿は、黄色やオレンジ色に変色している。サプリメントで摂る場合、より吸収を高めるために食後に摂るのが効果的。ビタミンB2は小腸上部で吸収されるので、食事時に摂取すると食物とともに胃から小腸へ移りゆく速度が遅くなり、小腸上部でゆっくり吸収されることになる。さらに、まとめて摂取するよりも、一日のうち数回に分けた方が効率的。

ビタミンB2

 

特徴
体内では全身の成長促進と、皮膚や粘膜の保護、爪、髪の健康を維持する働きをしています。このため、不足すると成長障害や皮膚の炎症、口腔内の炎症が起きやすくなります。 ビタミンB2はビタミンB2・B6主薬製剤やビタミンC主薬製剤の成分として、肌荒れ、にきび、口内炎、湿疹などの改善の目的で使用されます。

副作用
体内で消費されずに余った場合、尿中に排泄されてしまいますので、毎日こまめに補給するとよいでしょう。なお、多く摂取すると尿が黄色くなりますが、ビタミンB2の色なので心配はいりません。

≫≫
成分一覧のページに戻る