ロスミンローヤルの副作用を調べました。

まず、安心してください。
ロスミンローヤルの副作用を調べました。結論からお教えすると、メーカーが副作用の報告を受けたことはほとんど無い、ということです。そして、ロスミンローヤルの効果・効能の欄には、妊娠授乳期の栄養補給に使えることが書いてあります。

妊娠時期、授乳時期はとても難しい時期です。多くの医薬品がこの時期には使用を控えるよう書かれている中で、ロスミンローヤルは飲んで大丈夫ということなのです。この点からもいかに安全設計かがわかります。

ロスミンローヤルは第3類医薬品です。
安全性が一番高いとされる第3類なので安心と思っていませんか?
ここでは、ロスミンローヤルの副作用についてお教えします。

 

第3類医薬品とは

まず第3類医薬品というのは、2009年に薬事法で定められた分類です。第3類は副作用、相互作用などの項目で安全性上、多少注意を要するものとされています。ネットなどで販売できるのはこの第3類だけです。
第1類、第2類に比べて安全性は高いのですが副作用がまったく無いというわけではありません。

ロスミンローヤルの副作用

ロスミンローヤルの取り扱い説明書

ロスミンローヤルの説明書

まず、説明書に記載されている内容ですが、

副作用として記載されているのは、
・皮膚に発疹、発赤、かゆみが出た場合
・消化器に、吐き気、食欲不振、胃部の不快感が出た場合
この症状が出た場合は、副作用の可能性があります。服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
とあります。

生薬などが配合されいるので、アレルギー反応が出る場合があるようです。

また、注意点としては

・便秘、下痢の症状があらわれることがあります。
この症状が、持続又は増強が見られた場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
・生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなる場合があります。
出血が長く続く場合は、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

という記載がありました。

副作用について問い合わせてみました。

アインファーマシーズのアイン薬局

アインファーマシーズのアイン薬局

販売元のアインファーマシーズに副作用について問い合わせてみました。

(以下引用です。)
お問い合わせいただきました件について、ご回答させていただきます。

副作用については、ごくまれにお薬が体に合わない等により
発疹・発赤・かゆみ・悪心・食欲不振・その他添付文書に記載されている副作用が起こる可能性がございます。

そのような症状が現れた場合には、一度お薬の服用を中止することでほとんどの場合改善いたします。

しかし、実際の報告は少ないですので、ほとんどの方は安心して服用いただけると考えております。

男性にも効くのか聞いてみました。

続いて男性のシワにも効くのかをメーカーに聞いてみました。
(以下引用です。)
広告上「女性用保険薬」とありますが男性の方でも服用できるお薬となっております。
ただし、ロスミンローヤルは女性のために考えられたお薬ですので、女性の方がより効果を実感いただける商品であると考えられます。

大変恐縮ですが、その点あらかじめご承知おきいただいた上での
服用をお願い申しあげます。

という回答でした。

健常な方であれば副作用を気にせず飲めるレベルの薬だと安心しました。ロスミンローヤルが画期的なのは、小じわを体の中から改善できる点です。用法・用量を守れば低リスクで飲み続けられる点は好評価です。

 

次のページ
≫≫毎月2000個しか生産できないロスミンローヤル|ホントなの?