第3類医薬品は効くの?|ロスミンローヤルは実証されています

第3類は弱くて効かない・・・という誤解をしていませんか。
 ロスミンローヤルは第3類医薬品ロスミンローヤルは第3類医薬品です。
薬局などでも見かけるこの第3類医薬品とはいったい何のことでしょうか?

 

危険性を分類したのが第1類から第3類

ハイチオールC

第3類のハイチオールC

2009年に薬事法の改正がなされ、医薬品には第1類、第2類、第3類という区分ができました。第1類から順に危険性が強いものとなってます。第3類は副作用の危険性が少ないと認められているものです。

それまでは薬には医薬品という単一の区分しかありませんでした。副作用の頻度や大きさ、危険性について購入者が知るためには購入して説明書を読むか医師・薬剤師に相談するしか方法がありませんでした。

そのため医薬品に第1~第3類までの区分を設け、おおよその危険性がわかるようにしたのです。間違ってはいけないのが、危険性で区分されている点です。効果の大きさで区分されている訳ではありません。

 

安全性が高い第3類

安全性が高いロスミンローヤル

安全性が高いロスミンローヤル

 

ロスミンローヤルは第3類医薬品です。第3類とは、過去のデータから極めて副作用の危険性が少ないと認められたもので、店頭で販売する際も商品説明の義務がありません。また唯一、ネットでの販売が認められています。

薬剤師が必須の第1類

アレグラ

実は第1類のアレグラ

第1類の医薬品には、2種類あります。ひとつは副作用の危険性が大きい医薬品の中でも、特に注意しなければならないもの。もうひとつは新規の医薬品です。薬剤師が常駐している店舗や薬局でしか販売することができません。薬剤師が不在の場合は薬局を閉めなければならないなどの厳しい管理がされています。書面を用いた情報提供を義務付けています。

 

ほとんどのくすりは第2類

第2類は、副作用の危険性は第1類と同程度で、第1類以外の医薬品を指します。第1類と第3類以外の医薬品がここに押し込まれている感じです。この中で特に注意を要するものを「指定第二類医薬品」(風邪薬・解熱鎮痛薬・水虫薬・痔疾用薬など)としています。宣伝広告する場合に「薬剤師・登録販売者に相談の上、使用上の注意をよく読んでお使いください」という文言を記載することを義務付けられています。

実際ほとんどの医薬品は第2類に当てはまります。薬剤師又は登録販売者が常駐する店舗のみで販売できるとともに、内容や成分についての説明が努力義務として求められています。ドラッグストアなどでは登録販売者が常駐し第2類までを扱っていることが多いです。

 

第3類医薬品は効果が弱いというのは間違いです。

第3類は効かないという誤解よくある誤解に「第3類は効かない」というものがありますが、間違いです。
医薬品の分類は危険性を基準に分類されています。第3類は危険性が少ないため、安全性に優れているというだけで、効果が低いということにはなりません。

そもそも医薬品に認定さている時点で何度も臨床試験を行い、疑いの無い効果が認められています。症状によっては、第3類の方が第1類の医薬品より効果がある場合が多々あります。

多くの方がなぜか、副作用の強い薬のほうが効果が高いという誤解を持っています。副作用が少なくても、しっかり効果が出る医薬品もあるということを知ってください。そして、副作用が少ないからといって第3類医薬品を用量以上に摂取することは避けてください。医薬品は用法・用量をしっかり守ることが基本です。

ロスミンローヤルは第3類医薬品です。人でおこなう臨床試験で小じわに効くことが実証されています。安心して効果に期待してください。

次のページ
≫≫ロスミンローヤルの副作用を調べました。