L-システイン|ロスミンローヤル成分

L-システインとは

L-システインは、皮膚や髪の毛、爪などにも多く存在し、体の内側から代謝を助けるアミノ酸の一種です。日常の食事から多量に摂取する事がむずかしく、欠乏状態になりやすいため、「準必須アミノ酸」として取り扱われることもあり、きちんと摂取することが必要です。

Lシステイン

 

 

作用と特徴
L-システインはタンパク質を構成するアミノ酸の一つで、特に肝臓の解毒作用や皮膚の代謝に関係しています。皮膚の色素沈着をもたらすメラニン色素の生成を抑えるだけでなく、体外への排出をうながす作用があり、しみ、そばかす、日焼け、かぶれなどの対策としてビタミンC、ビタミンB類などとともに用いられます。L-システインはビタミンCと協力して、シミの原因となる過剰なメラニンの発生を抑制するほか、過剰にできてしまったメラニンを無色化し、さらには肌の代謝を正常化して、角質に沈着したメラニンの排出もサポートしてくれます。また、シミのほかにも、L-システインを摂取することにより体内でコラーゲンが生成されるため、肌のハリを維持するサポートや、角質を柔らかくする働きもあるためニキビができにくくなるなど、気になる肌トラブルを改善します。

 

 

また、L-システインは体内でお酒(アルコール)を処理する酵素であるアルコール脱水素酵素、アセトアルデヒド脱水素酵素を活性化する作用があります。これにより、二日酔いの改善にも用いられます。二日酔いの主な原因は、アルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドという毒性の高い物質で、体内に増加すると、吐き気や頭痛などの症状が表れます。L-システインは、アセトアルデヒドと直接反応して無毒化したり、アルコールを無害な物質に変える酵素の働きを助け、二日酔いにも効果を発揮します。

Lシステインの効果

 

L-システインの効能・作用
効能は『湿疹・蕁麻疹・にきび・肌荒れ・薬疹・中毒疹・多形滲出性紅斑・白血球減少症(放射線障害を素因とする)』です。
L-システインは、体の代謝(エネルギー産生)をスムーズにする効果もあります。エネルギーを効率よく作れるように働きかけることで、エネルギー不足による疲れ・だるさを改善する効果があります。

L-システインは『健康な美しい肌の形成維持』に必要なアミノ酸であり、“2-アミノ-3-スルファニルプロピオン酸”の一種である。L-システインは純粋な薬品というよりは、香料や食物、美容品、医薬品、パーソナルケア製品など多種多様な商品に応用されているアミノ酸であり、美容院で施行されているパーマのための『パーマ液』にも添加されている。

L-システインは皮膚の代謝を正常化して維持したり、アレルギー反応を弱めるという効能があるため、『湿疹・蕁麻疹・にきび・中毒疹』などの炎症を起こす皮膚科疾患(アレルギー性疾患)に対して処方される事が多く、副作用もほとんどないという利点がある。L‐システインには、解毒作用・免疫機能の活性化の作用もあることから、放射線障害を原因とする白血球減少症に対しても処方されることがある。

 

≫≫
成分一覧のページに戻る